人工甘味料はどのようなものか?(化学図表:P.221) 【先頭へ】

人工甘味料は化学的に合成された甘味料であり,アスパルテームなどが知られている。
アスパルテーム(L‐アスパルチル‐L‐フェニルアラニンメチルエステル)はアスパラギン酸とフェニルアラニンのメチルエステルが縮合してできたジペプチドである。(「化学図表」P.193)
CQ722101-1.jpg

砂糖の主成分であるスクロースの約200倍の甘味を示し,カロリーはスクロースとほとんど変わらないため,低カロリーの人工甘味料として使われている。
CQ722101-2.jpg

アスパルテームの立体異性体であるL‐アスパルチル‐D‐フェニルアラニンメチルエステルには甘味がなく,苦味を示す。
CQ722101-3.jpg