金属と水の反応 【先頭へ】

Liと水の反応

水に浸したろ紙の上に,リチウムLiの小片を落とすと,リチウムと水が反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

2 Li + 2H2O → 2 LiOH + H2

リチウムと水との反応は,ナトリウムNaやカリウムKほど激しくはない。

反応後,ろ紙の上にフェノールフタレイン溶液を落とすと赤色に変化することから,塩基性になっていることがわかる。

Caと水の反応

水の中にカルシウムCaの小片を入れると,水と激しく反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Ca + 2 H2O → Ca(OH)2 + H2

Naと水の反応

水に浸したろ紙の上に,ナトリウムNaの小片を落とすと,ナトリウムが水と反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

2 Na +2 H2O → 2 NaOH + H2

発生する水素に火がついて炎を出す。炎はナトリウムの炎色反応を示し黄色になる。

反応後,ろ紙の上にフェノールフタレイン溶液を落とすと赤色に変化することから,塩基性になっていることがわかる。

Mgと水の反応(熱水と冷水の比較)

マグネシウムMgは常温の水とはほとんど反応しないが,熱水とは反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Mg + 2 H2O → Mg(OH)2 + H2

金属と塩酸の反応 【先頭へ】

Mgと塩酸の反応

マグネシウムMgは,塩酸と反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Mg + 2 HCl → MgCl2 + H2

Alと塩酸の反応

アルミニウムAlは,塩酸と反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

2 Al + 6 HCl → 2 AlCl3 + 3 H2

Feと塩酸の反応

鉄Feは,塩酸と反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Fe + 2 HCl → FeCl2 + H2

Snと塩酸の反応

スズSnは,塩酸と反応して水素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Sn + 2 HCl → SnCl2 + H2

Cuと塩酸の反応

銅Cuは,塩酸と反応しない。

Cuと硝酸の反応 【先頭へ】

Cuと希硝酸との反応

銅Cuは,希硝酸と反応して一酸化窒素を発生する。その化学反応式は次の通り。

3 Cu + 8 HNO3 → 3 Cu(NO3)2 + 2 NO + 4 H2O

Cuと濃硝酸の反応

銅Cuは,濃硝酸と反応して二酸化窒素を発生する。その化学反応式は次の通り。

Cu + 4 HNO3 → Cu(NO3)2 + 2 NO2 + 2 H2O

Auと王水の反応 【先頭へ】

王水は,濃硝酸と濃塩酸を体積比 1:3 で混合した溶液。王水は強い酸化力をもち,金や白金を溶かす。