第1章 物質の構成

アルミニウムの熱伝導性

アルミニウムの熱伝導性 【先頭へ】

アルミニウムのカップに液体窒素(-196℃)を入れる。アルミニウムは熱伝導性が大変よいので,アルミニウム表面付近の空気が,酸素の沸点(-183℃)以下に冷やされ,空気中の酸素が液体になる。アルミニウムのカップの外側に現れた液滴は,このようにしてできた液体酸素である。