1. HOME
  2. 国語
  3. 百人一首(かるた)の遊び方
  4. 持ち札の並べ方の極意

百人一首(かるた)の遊び方

持ち札は左右に振り分けて並べる

「こうすると,一か所に集めるよりも相手が取りにくくなるのがわかるわね。」
真ん中にスペースを作っておく

「真ん中に置いてはいけないという きまりはないけど自分が取りやすいし相手が取りにくくなるよね。」
「そういえばね,はらって取る場合には,近くの札を一緒にはらってもおてつきにはならないのよ。」
一字きまりの札,自分の得意な札などは自分のすぐ前に並べる
「取りやすい札は,自分の近くに置いて確実に取らなくちゃね☆」
「自分の前だったら相手も取りにくくなるし・・・なるほど!」
送り札などはどこに置いても良いので,自分のわかりやすい位置に
「競技中に自分の札を動かしてもいいってホント?」
「本当よ。相手に一声かければ,競技中でも自陣の札の位置を変えることはできるの。」
「ゲームの最中も,常に自分が取りやすいように工夫できるってことね。」

「以上のコツを心に留めて競技の経験を積むと,自分がやりやすい並べ方が自然にきまってくるのよ。」