資料と問いから考える 歴史総合

  • HOME
  • 商品情報
  • 資料と問いから考える 歴史総合

2022年3月刊行予定

判型 B5判 224ページ
ISBN 978-4-8343-2104-3 C3020
定価 2200円(税込)
編著者 高校歴史教育研究会 編
岩井淳 岡田健 川喜田敦子 君島和彦 木村茂光
戸川点 日髙智彦 茂木敏夫 安井崇 油井大三郎
発行 株式会社浜島書店
〒466-8691 名古屋市昭和区阿由知通2-1-1
電話 052-733-8040 / FAX 052-733-8977
  • 資料と問いから考える 歴史総合

  • 本書のご予約は,下記「商品予約ページ」のボタンからお申し込みください。
  • 商品の刊行は,2022年3月を予定しております。
  • 送料は,当社にて負担します。

資料と問いを活用した,深い学びへの授業モデル

全体構成

  • 第1編 歴史の扉 全2章
  • 第2編 近代化と私たち 全4章
  • 第3編 国際秩序の変化や大衆化と私たち 全4章
  • 第4編 グローバル化と私たち 全4章

各編の基本構成(第2編 近代化と私たち)

第1章 近代化への問い

指導要領の5~7つの「課題」に対応

第2・3章 テーマ史の展開

第4章 近代化と現代的な諸課題

指導要領の5つの「主題となる観点」に対応

各項目の基本構成

はじめの問い(2~4章)

(推移や展開を考察するための問い)

  • はじめの問い

授業のポイント(1~3章)

  • 授業のポイント

さまざまな資料で,授業モデルを構成

文字資料,図像資料,統計資料…

資料→解説→問い→解答例の一貫した構成

まとめの問い(2~4章)

(事象を比較し関連付けて考察するための問い)

  • まとめの問い

今後の学習につながる問い(1章)

(「問いを表現する学習」に対応)

  • 今後の学習につながる問い