1. HOME
  2. 歴史
  3. 謎かけ問答日本史
  4. "日本犬"って知ってる?

謎かけ問答日本史

"日本犬"って知ってる?

先 生 今日は犬についてです。
カメオ 日本に犬がいたのはいつからかというと,縄文時代の遺跡から犬の骨が出ているから,古くから人間と一緒に生活していたようですね。
博物館では骨格から想像復元を試みているようです。
柴犬に似ているということですよ。 
ギン子 弥生時代の遺跡からも,犬の骨が出てきますが,ばらばらになって出てくることがあるそうです。縄文時代は人と同じくらいていねいにほうむられていたというのに,犬に対する見方が変わっていますね。
カメオ それはどういうことかな?
狩りによって食糧を獲得していた縄文人にとって,猟犬は大切なパートナーだったということを表しているようだね。
一方,弥生人は栽培が中心になる社会なので,猟犬としての役割は軽くなったということを表しているのかな?
先 生 よく考えましたね。そういうこともなくはないんですが,別の理由もあったと考えられています。
ウサコ なんでしょうか?
先 生 朝鮮半島や中国大陸では,犬を食べる習慣をもっている人々が,現在でもいます。現在の日本のような,ペットブームで愛玩も過剰気味な雰囲気では,とても受け入れられないことでしょうが…。
歴史の中では,どうやら弥生人も,食犬習慣のある渡来人だったようです。この食犬習慣はその後も日本では続いていたようです。
ギン子 そうか,綱吉の生類憐みの令は,その習慣に対する禁止令だったということもいえるのですね。
先 生 ネズミをつかまえる犬がいたようですよ。
ウサコ ネコの間違いですよ。
先 生 そうではないんですよ。朝鮮半島にはそういう犬がいました。で,島根県などにはそんな習性を伝えている犬がいるようですよ。
カメオ それは朝鮮半島から,犬が連れてこられたということを示しているんですね。
ギン子 犬という字をなんと読みますか。
「いぬ」と読むのは,縄文時代からの言い方だそうです。沖縄では「イン」という音を伝えています。「ケン」というのは朝鮮からの言い方だそうです。中国では「狗」と書き「クー」と読みます。
ですから,縄文時代の遺跡から発掘されるイヌと,朝鮮から弥生時代にやってきた犬との二系統があったようです。
問題のネズミをとる犬は,天童よしみの歌「珍島物語」で知られた,韓国の南の珍島というところには,今もいるそうです。
その後は中国や南蛮人からいろいろな犬が伝えられたそうです。
先 生 今日はその話しではありません。本題にもどります。
さて奈良時代に東大寺の大仏を造らせた「聖武天皇」とかけて
ウサコ なんととく。
先 生 ペリー」ととく
ギン子 その心は?
先 生 ちん
カメオ 先生。大丈夫ですか?
先 生 奈良時代は710年の平城京からですが,その732年に,朝鮮半島の新羅という国から聖武天皇に小型の愛玩犬が献上されました。
これが狆という説があります。
江戸時代のポルトガル船の来航禁止や日本人の海外渡航が禁止されたころから,狆がブームになりました。生類憐みの令で有名な将軍綱吉はたいへん狆を可愛がりました。200頭あまりも飼わせていたそうです。その犬を江戸城に運び込むために,役人がガードして人払いをして運んだということです。
また姫路藩主もたいへん可愛がっていた狆がいましたが,1781年,藩主が京都の朝廷に使者として出かけなけれぱならなくなりました。狆は主人がいなくなることを察して,藩主の駕籠のそばを離れようとしませんでした。追い払っても追い払ってもついてくるので,あきらめて,連れて行くことにしました。主人と一緒に東海道を旅したのです。このうわさが天皇の耳にも達して,「犬ながら主人の跡を追う心はあわれである」ということで六位という位を賜ったというのです。
こうして狆は,江戸時代には愛玩されました。
さて1853年に日本に黒船に乗ってやってきたのはだれでしたか?
カメオ カメオ アメリカのペリーです。 
先 生 そのペリーがこの犬をたいへん珍しがって,みやげとして持ち帰ったのです。
ペリーは,太平洋を往復したのではなく,インド洋からアフリカまわりでイギリスに寄って,北アメリカに行く航路を往復しましたね。
そこで,イギリスに立ち寄った時に,イギリスのヴィクトリア女王にあいさつをし,この犬をプレゼントしたのです。
珍しいもの大好きな女王は,この犬を大切にしました。1870年代にイギリスでは,この犬は「日本の最初の純粋犬種」として登録されました。
おくれて1880年代にはアメリカで同じように登録されました。
正真正銘の日本を代表する犬とされたのです。
白い毛と黒い毛が混じる小型犬です。
今も熱烈な愛好家が全国にいます。
ウサコ その犬の名はなんというのですか?
先 生 ちん。
もっと知りたい人は

「ちん」は狆と書きます。「ちいさいぬ」から「ちいぬ」になり,「ちん」に なったという説もあります。 聖武天皇のころに伝えられた犬は小型犬といわれますが,「ちん」とは断定できないという説もあります。狆は日本原産ではありません。

谷口研語「犬の日本史」PHP新書
田名部雄一「犬から探る古代日本人の謎」PHP新書
岡田章雄「犬と猫」毎日新聞社
塚本学「生類をめぐる政治」平凡社