1. HOME
  2. 国語
  3. 万葉の植物

万葉の植物

植物の一覧

・アカネ
和歌 あかねさす紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや君が袖振る
・アカメガシワ
和歌 ぬばたまの()()けゆけば久木(ひさき)()ふる清き川原に千鳥しば鳴く
・アシ
和歌 水門(みなと)(あし)(なか)なる玉小菅(たまこすげ)刈り()わが背子床(せことこ)(へだ)しに
・アジサイ
和歌 紫陽花(あぢさゐ)の八重咲くごとく()つ代にをいませわが背子(せこ)見つつ(しの)はむ
・アセビ
和歌 (いそ)の上に()ふる馬酔木(あしび)手折(たを)らめど見すべき君がありと言はなくに
・イタジイ
和歌 家にあれば()に盛る(いひ)を草枕旅にしあれば(しひ)の葉に()
・ウツギ
和歌 五月山(さつきやま)()の花月夜霍公鳥(つくよほととぎす)聞けども飽かずまた鳴かぬかも
・ウメ
和歌 わが園にの花散るひさかたの(あめ)より雪の流れ()るかも
・エゴノキ
和歌 息の()に思へるあれを山ぢさの花にか君が(うつ)ろひぬらむ
・オギ
和歌 妹なろが使ふ川津(かわづ)のささら(をぎ)あしと人言(ひとごと)語りよらしも
・オケラ
和歌 恋しけは袖も振らむを武蔵野のうけらが花の色に()なゆめ
・オミナエシ
和歌 手に取れば袖さへにほふ女郎花(をみなへし)この白露に散らまく惜しも
・カキツバタ
和歌 杜若(かきつはた)(きぬ)()りつけ大夫(ますらを)のきそひ(かり)する月は来にけり
・カシワ
和歌 印南野(いなみの)のあから(がしは)は時はあれど君を()()ふ時は(さね)なし
・カタクリ
和歌 もののふの八十少女(やそをとめ)らが()みまがふ寺井(てらゐ)の上の堅香子(かたかご)の花
・カツラ
和歌 向つ()(わか)(かつら)の木下枝(しづえ)取り花待つい()に嘆きつるかも
・カラタチ
和歌 からたち(うばら)刈り()け倉建てむ(くそ)遠くまれ(くし)造る刀自(とじ)
・カワヤナギ
和歌 かはづ鳴く六田(むつた)の川の(かは)(やぎ)のねもころ見れど()かぬ川かも
・キキョウ
和歌 朝顔は朝露()ひて咲くといへど夕影(ゆふかげ)にこそ咲きまさりけれ
・クズ
和歌 ()(くず)(はら)なびく秋風吹くごとに阿太(あだ)の大野の萩の花散る
・クヌギ
和歌 (くれなゐ)は移ろふものそ(つるはみ)()れにし(きぬ)になほ()かめやも
・クネンボ
和歌 吾妹子(わぎもこ)に逢はず久もしうまし(もの)阿倍橘(あべたちばな)苔生(こけむ)すまでに
・クリ
和歌 ()めば()ども思ほゆ()めばまして(しぬ)はゆ何処(いづく)より(きた)りしものそ眼交(まなかひ)にもとな(かか)りて安眠(やすい)()さぬ
・ケイトウ
和歌 秋さらば写しもせむとわが()きし韓藍(からあゐ)の花を誰か()みけむ
・ケヤキ
和歌 とく来ても見てましものを山城の高の(つき)(むら)散りにけるかも
・コウゾ
和歌 逢坂をうち()でて見れば淡海(あふみ)の海(しら)木綿(ゆふ)(はな)に波立ち渡る
・コウヤボウキ
和歌 初春(はつはる)初子(はつね)の今日の玉箒(たまばはき)手に取るからにゆらく玉の()
・コナラ
和歌 山科(やましな)石田(いはた)の小野の(ははそ)(はら)見つつか君が山道(やまぢ)越ゆらむ
・コノテガシワ
和歌 千葉の()児手柏(このてがしは)(ほほ)まれどあやにかなしみ置きてたか()
・ササ
和歌 小竹(ささ)の葉はみ山もさやに(みだ)るとも(あれ)は妹思ふ別れ来ぬれば
・サトイモ
和歌 蓮葉(はちすは)はかくこそあるもの意吉麻呂(おきまろ)が家にあるものは(うも)の葉にあらし
・サネカズラ
和歌 あしひきの山さな(かづら)もみつまで妹に逢はずや我が恋ひ()らむ
・シキミ
和歌 奥山の(しきみ)が花の名のごとやしくしく君に恋ひわたりなむ
・シラカシ
和歌 あしひきの山道(やまぢ)も知らず白橿(しらかし)の枝もとををに雪の降れれば
・ジャノヒゲ
和歌 妹待つと三笠の山の山菅(やますげ)()まずや恋ひむ命死なずは
・ジュンサイ
和歌 わが(こころ)ゆたにたゆたに(うき)(ぬなは)()にも(おき)にも寄りかつましじ
・スギ
和歌 味酒(うまさけ)三輪(みわ)(はふり)がいはふ手触(てふ)れし罪か君に逢ひがたき
・ススキ
和歌 さ男鹿の入野(いりの)(すすき)初尾花いつしか妹が手を(まくら)かむ
・スモモ
和歌 わが(その)(すもも)の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかも
・セリ
和歌 大夫(ますらを)と思へるものを大刀佩(たちは)きてかにはの田居(たゐ)芹子(せり)そ摘みける
・センダン
和歌 妹が見し(あふち)の花は散りぬべしわが泣く(なみだ)いまだ()なくに
・タカオモミジ
和歌 わが屋戸(やど)黄変(もみ)鶏冠木(かへるで)見るごとに妹を()けつつ恋ひぬ日はなし
・タブノキ
和歌 磯の(うへ)都萬麻(つまま)を見れば根を()へて年深からし(かむ)さびにけり
・チガヤ
和歌 戯奴(わけ)がためわが手もすまに春の野に()ける茅花(つばな)()して肥えませ
・ツゲ
和歌 君なくは()身装(みよそ)はむ(くしげ)なる黄楊(つげ)小梳(をぐし)も取らむとも思はず
・ツツジ
和歌(つた)ふ磯の浦廻(うらみ)(いは)つつじ()()く道をまたも見むかも
・ツバキ
和歌 巨勢山(こせやま)のつらつら椿(つばき)つらつらに見つつ(しの)はな巨勢(こせ)春野(はるの)
・ツユクサ
和歌 (あした)咲き(ゆふべ)()ぬる月草(つきくさ)の消ぬべき恋も(あれ)はするかも
・テイカカズラ
和歌 (いは)つなのまたをち返へりあをによし奈良の都をまたも見むかも
・トコロ
和歌 皇祖神(すめがみ)の神の宮人(みやひと)冬ところづらいや(とこ)しくにわれかへり見む
・ナシ
和歌 (なし)棗黍(なつめきみ)粟嗣(あはつ)()(くず)の後も逢はむと(あふひ)花咲く
・ナツメ
和歌 玉掃(たまばはき)刈り来鎌麻呂室(こかままろむろ)の樹と(なつめ)(もと)とかき()かむため
・ナデシコ
和歌 秋さらば見つつ(しの)へと(いも)が植ゑし屋前(やど)石竹花(なでしこ)咲きにけるかも
・ナンバンギセル
和歌 道の辺の尾花がしたの思ひ草今さらになど物か思はむ
・ニラ
和歌 伎波都久(きはつく)の岡のくくみらわれ()めど()にも()たなふ()なと摘まさね
・ニワウメ
和歌 夏まけて咲きたる唐棣(はねず)ひさかたの雨うち降らばうつろひなむか
・ニワトコ
和歌 君が行き()長くなりぬ山たづの迎へを往かむ待ちには待たじ
・ヌルデ
和歌 足柄(あしがり)()可鶏(かけ)山の(かづ)の木の()をかづさねもかづさかずとも
・ネズ
和歌 吾妹子(わぎもこ)が見し(とも)の浦のむろの木常世(とこよ)にあれど見し人そなき
・ネムノキ
和歌 昼は咲き(よる)は恋ひ()合歡木(ねぶ)の花君のみ見めや戯奴(わけ)さへに見よ
・ノイバラ
和歌 道の()(うまら)(うれ)()ほ豆のからまる君を(はか)れか行かむ
・ノキシノブ
和歌 わが屋戸(やど)のいらかしだ草()ひたれど恋忘れ草見るにいまだ()ひず
・ハギ
和歌 高円(たかまと)の野辺の(あき)(はぎ)いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに
・ハマオモト
和歌 み熊野の浦の濱木綿(はまゆふ)百重(ももへ)なす心は思へど(ただ)に逢はぬかも
・ハンノキ
和歌 引馬野(ひくまの)ににほふ(はり)(はら)入り乱れ(ころも)にほはせ旅のしるしに
・ヒガンバナ
和歌 路の()壹師(いちし)の花のいちしろく人皆知りぬわが恋妻を
・ヒノキ
和歌 巻向(まきむく)()(はら)もいまだ雲()ねば小松が(うれ)沫雪(あわゆき)流る
・ヒメユリ
和歌 夏の野の繁みに咲ける姫百合(ひめゆり)の知らえぬ恋は苦しきものそ
・フジ
和歌 波の花は盛りになりにけり平城(なら)(みやこ)を思ほすや君
・ヘクソカズラ
和歌 かはらふぢに()ひおほとれるくそかづら絶ゆることなく宮仕(みやづかへ)せむ
・ベニバナ
和歌 (よそ)のみに見つつ恋せむ(くれなゐ)末摘花(すゑつむはな)の色に出でずとも
・ホオノキ
和歌 わが背子(せこ)が捧げて()てる厚朴(ほほがしは)あたかも似るか青き(きぬがさ)
・マクワウリ
和歌 ()めば()ども思ほゆ()めばまして(しぬ)はゆ何処(いづく)より(きた)りしものそ眼交(まなかひ)にもとな(かか)りて安眠(やすい)()さぬ
・マコモ
和歌 をみなへし佐紀沢(さきさは)に生ふる(はな)かつみかつても知らぬ恋もするかも
・マダケ
和歌 わが屋戸(やど)のいささ(むら)吹く風の音のかそけきこの(ゆふべ)かも
・マツ
和歌 磐代(いはしろ)の浜が枝を引き結び真幸(まさき)くあらばまた還り見む
・マユミ
和歌 南淵(みなみぶち)の細川山に立つ(まゆみ)弓束巻(ゆづかま)くまで人に知らえじ
・ミカン
和歌 ()さへ花さへその葉さへ()に霜降れどいや常葉(とこは)の木
・ミツマタ
和歌 春さればまづ三枝(さきくさ)(さき)くあらば(のち)にも逢はむな恋ひそ吾妹(わぎも)
・ムラサキ
和歌 紫草(むらさき)のにほへる(いも)(にく)くあらば人妻ゆゑにわれ恋ひめやも
・モモ
和歌 春の苑紅(そのくれなゐ)にほふの花下照(したで)る道に出で立つ少女(をとめ)
・ヤブコウジ
和歌 この雪の消残(けのこ)る時にいざ行かな山橘の実の照るも見む
・ヤマグワ
和歌 たらちねの母が園なるすらに願へば(きぬ)に着るとふものを
・ヤマブキ
和歌 かはづ鳴く神奈備(かむなび)川に影見えて今か咲くらむ山吹(やまぶき)の花
・ヤマユリ
和歌 筑波嶺(つくはね)のさ百合(ゆる)の花の夜床(ゆとこ)にも(かな)しけ妹そ昼も愛しけ
・ユズリハ
和歌 (いにしへ)に恋ふる鳥かも弓紘葉(ゆづるは)御井(みゐ)の上より鳴き渡りゆく
・ワスレグサ
和歌 わすれ(ぐさ)わが(ひも)に付く香具山の()りにし里を忘れむがため
・ワラビ
和歌 (いは)ばしる垂水(たるみ)の上のさ(わらび)()え出づる春になりにけるかも