1. HOME
  2. 国語
  3. 愛知の文学
  4. 近代文学編
  5. 崖(がけ)

愛知の文学


崖(がけ)

 広津和郎は小説家・評論家。明治の小説家広津柳浪(ひろつりゅうろう)の二男として明治24(1891)年に東京で生まれる。自由思想家としての批評と真実を追究する作家の姿勢を貫いた。昭和43(1966)年に死去。
 大正3(1914)年、軍隊に入営中に父が病気となった。除隊後、毎夕新聞社に入り、その年の9月、父の保養のために名古屋の兄のもとに行き、翌年父を知多半島の先端の師崎(もろざき)にある海浜院(かいひんいん)に転地療養させた。大正5(1916)年の夏、師崎保養中の両親を訪れ、父に自らの身辺の事情を話した。この間のことを大正6(1917)年、「文章世界」に『思ひ出した事』(後に『崖』と改題)、翌年「新潮」に『師崎行』として発表した。家庭生活を私小説風に描いた一連の作品のうちの一編で、師崎の風土がよく描かれている。
南知多郡南知多町

広津和郎
(ひろつかずお)

師崎港(南知多郡南知多町)

広津柳浪が入院していた海浜院
(南知多郡南知多町)

 昨年の事であった。父が知多(ちた)半島の師崎(もろざき)の病院に入っていたので、私は九月の初めから一か月ばかり、ある翻訳の仕事を持って同地に出かけて行った。


南知多町
潮風がここちよい美しい風景の写真など。

前へ 次へ