涙の出ないタマネギ

ニュージーランド作物食糧研究所で,涙の出ないタマネギが遺伝子操作により作製された(2008年2月)。涙が出る原因である揮発性の化合物の生成に関わる酵素が働かないようにしたため,タマネギを切っても涙が出ない。この化合物は硫黄を含んでおり,タマネギやニンニクなどの刺激臭の原因である。

同研究所は,このタマネギが一般家庭に流通するには,さらに10~15年が必要だろうとしている。