天敵の臭いは,先天的に嫌い

動物の行動には,生まれつき備わっている行動(生得的行動)と,経験により獲得される行動(習得的行動)がある。これまで,哺乳類が匂いに対してどのように反応するかは,学習により後天的に決定されると考えられてきた。しかし,最近の研究により,匂いによって引き起こされる行動は,哺乳類では先天的に決まっていることが明らかになった。

脊椎動物では,鼻の奥に存在する「嗅細胞」で匂いを感知している。嗅細胞とは匂いを感知するセンサーの役割をもつ神経細胞で,感覚毛の表面に匂い分子の受容体タンパク質をもつ。東京大学で行われた研究では,ある種類の嗅細胞を遺伝子操作によりマウスから特異的に除去した。その結果,このマウスは,腐った食べ物や天敵の匂いを感知することはできたが,野生型が示すような忌避行動(嫌がって避ける行動)は示さなかった。このことから,哺乳類において嗅細胞には,匂い分子を感知する機能をもつ種類と,匂い分子の意味を読み取り,先天的に決められた行動を引き起こす種類のものが存在することが示された。