バイオエタノールの問題点

バイオエタノールは理論上,燃焼しても大気中の二酸化炭素を増加させないため,地球温暖化の防止に役立つ燃料として注目され,世界中で自動車燃料などへの利用が推進されている。

一方で,多くの問題点も指摘されている。生産工程で使われる化石燃料とのエネルギー収支やコスト,原料となるトウモロコシやサトウキビ生産拡大のための森林伐採や環境汚染などである。さらに,バイオエタノールの需要が拡大することによって作物の価格が上昇し,食料供給が脅かされることも懸念される。

これらの問題に対し,生産や輸送の過程にもバイオ燃料を使用することや,サトウキビの搾りかすなどの廃棄物を製造工程での燃料や肥料として再利用するといった対策が進められている。日本国内でも,単位面積当たりの収量が高く,食用の生産量は維持しつつエタノールも製造できる高バイオマス量サトウキビや,木くずや稲わらなど食用部分以外を原料とするセルロース系エタノールの開発が行われている。