凍結保存の死滅細胞から,クローンマウス誕生

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターの研究チームは,最長16年間凍結保存されていたマウスの死骸から,クローン個体を作製することにはじめて成功しました。

同チームは,マイナス20度で凍結させたマウスの細胞からを取り出し,生きたマウスの核を除いた子に移植してクローンを作製しました。このクローン胚を別の雌マウスの卵管に移植すると,クローンマウスが誕生しました。

この方法で成功したのは凍結期間が1週間および1か月間と短かったもので,16年間凍結していた脳細胞からはクローンマウスができませんでした。しかし,これは生きた状態でもクローン個体がつくられないのマウスであったためでした。そこで,核移植によってできたクローン胚からクローンES細胞をつくり,このクローンES細胞の核を,核を除いた卵子にもう一度移植すると,クローンマウスをつくることができました。

このようにして産まれたクローンマウスは,正常に発育し,繁殖能力も正常で多くの子どもを誕生させています。

今回マウスが凍結されていたマイナス20度という条件は,永久凍土の状態に近いものです。これまでのクローン技術では生きた細胞を用いるため,凍結され,すでに死滅している細胞からのクローン作製は難しいとされていました。しかし,この成果によって,永久凍土から発見されたマンモスなど,絶滅した生物を復活させることができるかもしれないと期待されています。

理化学研究所 プレスリリース
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2008/081104/detail.html#top