紅葉と黄葉

今年も,紅葉の季節が巡ってきました。
紅葉の時期が日本で最も早い北海道では,大雪山が最盛期を迎えているようです。

「紅葉」と「黄葉」は,葉の色が変わるという現象面では同じですが,異なるメカニズムによって引き起こされます。

カエデなどで見られる紅葉は,アントシアンという赤色の色素(配糖体)が,葉でつくられるために起こります。秋になって葉の老化が進み,葉柄に離層が形成されると,葉と茎の間で行われていた物質の移動が遮断されます。それにより糖などが葉に蓄積し,これらを使ってアントシアンが形成されます。また,葉にあった葉緑体が分解・吸収され,緑色が失われていきます。紅葉の主な原因は,赤色の色素の“増加”です。

一方,イチョウなどで起こる黄葉は,葉緑体が分解され,その中に含まれていたカロテノイドという黄色やオレンジ色の色素が目立つようになることが原因です。つまり,緑色の色素の“減少”によって引き起こされます。

一般に,紅葉・黄葉は,気温がある値より低くなると始まり,一定期間たつと全体が色づきます。また,気温のほかに,光の強さや質(晴れと曇り,朝夕と日中では植物が受ける光の質が異なる),湿度などが関係して引き起こされると考えられています。

ある植物の「紅葉(黄葉)日」は,「その植物の標本木を全体として眺めたときに,その葉の色が大部分紅(黄)色系統の色に変わり,緑色系統の色がほとんど認められなくなった最初の日」のことをいいます。

紅葉はまだ始まったばかりですが,そのしくみについて思案しつつ,身近な木々の「紅葉日」・「黄葉日」を,見つけてみてはどうでしょうか。