夏バテ予防に,夏野菜を食べよう!

暑い日が続き,ついつい食欲が落ちてしまいがちなこの季節。大切な栄養分を取れずに,冷たい水やジュースなどを飲んでばかりでは夏バテを起こしてしまいます。

夏バテは慢性熱中症ともいい,高温・多湿の環境による食欲不振やからだのだるさ,胃腸の消化吸収能力の低下などの症状を総称したものです。これらの症状は,大量に汗をかくことによって体内のカリウムが不足してしまうことが原因の一つとされています。
カリウムは,余分な塩類(ナトリウム)を排出し,血圧を下げ,からだのむくみ解消にも働きます。また,カリウムとナトリウムの濃度のバランスは,神経の働きや筋収縮にも重要な役割を果たしているのです。

カリウムの不足を補い,夏バテを防ぐには夏野菜がとても有効です。夏野菜には,トマト,キュウリ,ナス,枝豆,オクラなどがありますが,旬の時期に取れたものはほかの時期に比べて栄養価が高いと言われており,カリウムやビタミンが多く含まれているのです。
ビタミンは免疫力を高めるなどの働きがあり,これも夏バテの予防・解消に役立ちます。また,一般に夏野菜は水分を多く含み,生で食べることが多いことや,カリウムによる利尿作用などによって,体温を下げる働きがあるとも言われています。

今ではほとんどの野菜が一年中手に入るため,「旬」を意識することが少なくなっています。ぜひ旬の野菜を食べて,暑い夏を健康に過ごしましょう。