1. HOME
  2. 採用情報
  3. 仕事紹介

カテゴリ(国語)など

仕事紹介

編集部の仕事

[企 画] 〜本をつくるには,企画を立てることから始まります〜

(1)情報を集めて分析し,(2)どのような本にするかを考え話し合い,(3)実際に表現してみる, この3つの作業を繰り返すことで,企画を固めます。

(1)情報収集

学習指導要領や教科書の動き,営業部からの情報,先生の意見,他社の動き,入試の動き,世の中の動きなど,情報を幅広く集め,分析します。

(2)検討会議

まずは担当者一人ひとりが,じっくり考えます。次に教科単位,他教科,他部署と検討会議を行います。先生や研究者とも会議を行います。

(3)誌面表現

会議で決まったことを,誌面に表現します。

[編 集] 〜企画が固まると,実際に1ページ,1ページつくっていきます〜

限られた時間の中で,(1)デザイン作成,(2)原稿作成,(3)校正など,多くの作業をこなします。これらの編集作業と同時並行で,内容の検討会議が続くこともあります。

(1)デザイン

外部のデザイナーと打ち合わせを重ねながら,つくりあげていきます。

(2)原稿作成

著者に執筆してもらい,届いた原稿を整理する場合と,社内で作成する場合とがあります。原稿は外部の会社に依頼し,活字にしてもらいます。掲載する写真は1点1点選び,手配します。

(3)校正

誤字脱字がないかの確認作業です。内容が矛盾していないか,わかりにくくなっていないかなども考えて校正します。

[印刷・製本] 〜すべてのページが完成すると,印刷です〜

印刷直後に最後の点検をします。表紙をつけて製本すると完成です。

営業部の仕事

見本を現場の先生に

日本全国の中学校・高等学校を訪問し,現場の先生に教材の見本をお届けするのが営業部の仕事です。先生のご意見を伺いながら,それぞれの学校に適した教材を紹介し,すすめていきます。

全国各地に出張

浜島書店の教材は全国の学校で採用されていますので,営業部員はそれぞれの担当地区に出張して学校を訪問しています。北海道にも,沖縄にも出張しています。

年間スケジュールで活動

どの時期に,どの教材のPR活動をするか,年間のスケジュールを立てて活動しています。5〜7月は高校の夏休みの課題帳,9・10月は中学校の入試対策用教材,10〜1月は高校の新学期採用商品,1〜3月は中学校の新学期採用商品のPR活動を行っています。

現場の情報を

浜島書店の教材を実際に使っている先生の意見や要望,また他社の商品を使った感想など,学校現場からの「生きた情報」を手に入れることも営業の大切な仕事です。そうした情報をもとにしつつ,編集部と協力して「いま学校現場が求めている教材」を提供できるようにしています。