中学歴史リンク集

●生活

お米の歴史や地域性について,まとめてあります。「みんなの広場(質問コーナー)を読むだけでも,お米の歴史をくわしく知ることができます。
滋賀県民の戦争体験証言や祈念館収蔵の品々が写真付きで紹介。戦争の恐ろしさを身近に受けとめることができます。
鎌倉武士の館(やかた)のようすを、イラストを使ってわかりやすく説明してあります。
京都の世界遺産を歴史・観光の観点から紹介。京都観光には便利な,お役立ちサイト! また,文化財関連の歴史年表もあります。
ものづくりという側面から,日本の近代化の側面をうかがい知ることができます。このページでは,分野別に産業機械の道具が検索でき,その写真と,その道具を展示している博物館の紹介も行っています。地域別でも調べられるので,近くの博物館を探し,実際に出かけてみましょう。
古墳に関するさまざまな質問に、専門家がわかりやすく答えています。
明治村(愛知県)にある建物や展示物を,写真をまじえて紹介しています。
お米についての情報がまとめられています。図書室のコーナーのコラムにある,発見!米作りには,日本の米作りの歴史年表があります。
万葉集を,とてもわかりやすく説明しています。イラストや写真が豊富なので,具体的にイメージをつかむことができます。万葉集に出てくる歌が,巻別・テーマ別に分かれていて見やすいだけでなく,当時の生活や考え方までをもうかがうことができます。
アイヌ民族の歴史や生活についてわかりやすく解説されています。写真も豊富です。
沖縄県公文書館のホームページです。写真が語る沖縄では,アメリカ軍が撮影した占領下の沖縄の写真がたくさんあります。
荘園の成立と武士の登場について、くわしく説明されています。内容はかなり高度ですが模式図があってわかりやすくなっています。まずは「もっとかんたんページ」から読んでみるのがよいと思います。なお、武士のおこりについては、最近ではこのページの考え方(「在地領主」論)の他に、「職能集団」説があります。
屯田兵(とんでんへい)とはどのようなものだったのか。初めて屯田兵がおかれた琴似(ことに)村の例を取り上げて、くわしく説明してあります。
屏風の細かい部分まで見ることができます。江戸城を囲む市街地とその近郊の景観,またそこに生活する人々や,江戸を行き交う人々のようすもよくわかります。
信濃(しなの=長野県)国分寺をバーチャルに体験できます。
戦国時代の合戦から生活,文化までと,情報が豊富です。武将大全では,多くの武将を検索でき,戦国折り紙などを楽しむことのできるコーナーもあります。
銅鐸(どうたく)の写真がたくさんあります。また、銅鐸の音を聞くこともできます。
縄文時代の三内丸山(さんないまるやま)遺跡について,出土物の写真や,発掘からわかったことが,ていねいに説明してあります。発掘や保存の方法についても写真つきで説明があります。
飛鳥の遺跡の地図です。全体図の一部分をクリックするとその部分の拡大地図を見られます。拡大地図内の遺跡の多くは、それを説明したページにリンクが貼られています。
飛鳥時代についてまとめた年表です。時代の流れをつかむのに便利なほか、人名や寺社名、宮名にリンクがはってあるので、目次のように使うことができます
世界遺産に登録された姫路城についてのページです。姫路城の歴史や歴代の城主,伝説などが解説されています。
平安京跡や京都の歴史,京都にある天皇陵などを紹介しています。多くの写真や図を使っているので,とてもわかりやすいです。「平家物語」のコーナーもあります。
北海道開拓時代の建物を集めた野外博物館のページです。北海道の開発が進められた当時の雰囲気(ふんいき)がわかります。
今も飛鳥時代の面影(おもかげ)が残る明日香村のホームページです。観光情報だけでなく,文化や歴史についても知ることができます。
関西各地の歴史文化情報を紹介するサイト。地図、街道、年表などから探して見ることができます。京都・神戸などのほか、富田林(とんだばやし)・斑鳩(いかるが)・明日香(あすか)・大山崎(おおやまざき)・草津(くさつ)・吉野(よしの)などが紹介されており、写真も美しく、見ごたえがあります。
法政大学が所蔵するポスター2700点を,分野別にスライドショーの形で紹介しています。
世界初で初めて大量生産された自動車、T型フォードの写真と説明があります。
たくさんの写真により、現在の鎌倉の町を自由に探検する気分が味わえます。
発掘された中世の港町「草戸千軒(くさどせんげん,広島県)」について、くわしくまとめてあります。
木村信夫さんによるイラスト集。やわらかいタッチのほのぼのとした感じの絵で、戦前の昭和時代の風俗を伝えてくれます。
おもに、愛知県・愛知県民に関わるものを中心に、戦争に関する資料を紹介しています。
カステラの発祥地・その名の由来・カステラの原型など,カステラの全てがわかります。カステラづくりをメディアプレーヤーで見ることもできます。
古代エジプトや中国の漢でも使われていたスパイス(香辛料)の歴史がわかります。
二十世紀に起こったできごとに関する詳細な年表です。たとえば、みなさんの住んでいる地域ではどんな事件が起こったのか、ということを調べることもできます。
ナウマンゾウの復元骨格と,くわしい説明があります。
15世紀頃のヨーロッパ農村の一年のようすを描いた十二枚の絵です。当時のヨーロッパ人の一年間をよくあらわしている資料です。その月はどんな生活をする月なのか、などの解説が英語で書いてあります。まずは「first quarter」から見てみてください。
ベルリンの壁の簡単な歴史と,基礎知識を紹介しています。壁のいろいろな写真が見られます。
幕末〜明治維新に活躍した人々の,かなりくわしい人名辞典です。百科事典としても使えます。
縄文時代は単に狩猟(しゅりょう)・採集の経済だけではなく農耕も行われていたのではないか、という疑問の出発点になった井戸尻(いどじり)遺跡(長野県)の発掘成果について、くわしく解説しています。
玉川学園の附属学校のみなさんの調べ学習の成果をはじめ,御成敗式目の現代語訳や,吾妻鏡の世界のコーナーなど,鎌倉時代についてまとめられたページです。
木内信夫さんが,自分が体験した「シベリアでの日本人捕虜(ほりょ)」の生活を絵にしたイラスト集です。やわらかなタッチの絵が,私たちに語りかけてきます。
京都市内を歩いていて、ここかしこに立っている石碑・記念碑を目にしたことがありませんか?そんな京都市内の石碑・記念碑を紹介するサイトです。
東京国立博物館が所蔵する,明治時代に撮影された金閣です。1950(昭和25)年に焼失する前のようすを知ることができる貴重な写真です。
学童疎開の体験者が疎開の歴史的背景や暮らしぶりについて伝えています。
江戸時代の諸藩の城や,藩主などについて知ることができます。
昭和30年代に発生した四日市公害を追体験できるページです。写真や裁判の記録,大気汚染測定データなどの資料がそろっています。
首里城や琉球王国についての写真と解説を見ることができます。沖縄戦で消失する前の首里城の写真もあります。
首里城などから出土した遺物を、簡単な解説つきで見ることができます。
第1次世界大戦時の日本とドイツの戦いによって,多数のドイツ人が日本の各地で捕虜として収容された。その1つ習志野収容所でのドイツ人の生活や日本人との交流がまとめられている。捕虜のドイツ人によって,ソーセージやワインなどの製造が日本人に伝えられた。習志野は,日本のソーセージの発祥の地といわれている。
江戸時代に名古屋に創業した松坂屋。その時々の有名人との関わり合いを軸に,松坂屋の歴史を紹介しています。浮世絵の中の店舗のようすや,当時のチラシの写真などもあります。
長野県内の文化財情報を検索(けんさく)できます。
日米修好通商条約によって開港された神戸居留地(きょりゅうち)の写真です。開港後間もないころに撮影されたと考えられています。東京国立博物館の所蔵です。
部落差別を受け苦しめられてきた人々が、自らの力で、差別からの解放と人間としての平等と自由の獲得(かくとく)を目指して運動を進めてきた歴史が、わかりやすく説明してあります。
全国の主な縄文時代の遺跡について、地域別に,写真とともに解説がしてあります。
昭和初期の衣・食・住と農業・遊びの道具を紹介。品によっては使い方も写真入で説明してあります。
加茂遺跡など,石川県の遺跡の説明があります。れきし体験ガイドのコーナーでは,古代の機織り(はたおり)や,土器のつくり方を紹介しています。
戦国大名朝倉氏と一乗谷(いちじょうだに,福井県)遺跡を紹介するページです。朝倉館跡や、復元された武家屋敷や町並みの写真がたくさんあります。
衣料切符や国防婦人の歌詞,郵便絵葉書などの写真を見ることができます。
戦国大名由良氏の城,金山(かなやま)城についてのページ。金山城は中世の山城のようすを伝えています。特に,発掘調査に関する情報はおすすめです。
大塩平八郎と乱についての,いろいろな史資料が公開されています。大塩の乱を詳しく調べることができます。
質問形式で,大名行列や参勤交代についての説明があります。OKボタンをクリックすると,大名行列の拡大写真も見ることができます。
出島の内部を撮影しためずらしい写真です。道のゆるやかな曲線から扇(おうぎ)形に作られた島のようすがうかがえます。また、町並みも西洋風です。東京国立博物館が所蔵する写真です。
奉公袋の中身や軍事郵便,使用していた生活用品などを見ることができ,当時の生活のようすがよくわかります。
データベース選択画面を選んで表示されるページの,図像をさぐるのなかにあります。全国の荘園に関する絵図を調べることができます。古代や中世の人々の地形の表し方や範囲の示し方,建物や木々の描写などを具体的に見ることができます。
踏絵(ふみえ)の写真です。よく見ると,何がかいてあるかわかります。東京国立博物館の所蔵です。
東京大学総合研究博物館が所蔵している縄文時代中期の土器です。写真を拡大すると,文様がよく見えます。
日清・日露戦争と脚気という病気の関わりについて紹介したページです。日本の陸軍が受けた被害は敵国からよりも,病気によるものが大きかった!? 脚気の原因と克服,それが戦争勝利に結びついていく過程が書かれています。福沢諭吉・森鴎外など,文化面での功労者も登場します。
日本風景の今昔を地域・時代・コンテンツの中から選び,絵で見て比較できるページです。
日本国憲法の全文をダウンロードしフリーソフトで読むことができます。
農村社会における制度・衣食住・生活がわかるだけではなく,諸工芸品の数々も見ることができます。
体験博物館千葉県立房総(ぼうそう)のむら常設展示の説明のページ。江戸時代の房総の農村と町場の家々や風景がまとまって復元されており、当時のようすを知ることができます。
「埋蔵(まいぞう)文化財」「遺跡」や考古学の基礎的な問題に対して、Q&A方式でわかりやすく説明してあります。
幕末以来の歴史を記録した約22万の写真・図表の検索と閲覧ができます。キーワード検索(けんさく)だけでなく,撮影日での検索もできます。
幕末〜明治の人物の写真がいろいろと見られます。なかには福沢諭吉(ふくざわゆきち)など後に有名になる人の若いころの写真もあります。また、当時の日本の風俗を知ることのできる写真もあります。
琉球(沖縄)の紅型(びんがた)・芭蕉布(ばしょうふ)、アイヌのアットゥシについて、鮮明な写真を使って解説してあります。南北に長い日本列島は、文化の上でも差異があったことがわかります。
戦後の沖縄について、当時の資料などをもとに説明してあります。
明治の政治と文化に大きな影響を与えた鹿鳴館。その建物や設計者コンドルについてくわしく解説されています。
豊富な写真を使って,太宰府(だざいふ,福岡県)周辺の遺跡を案内してくれます。
世界の遺跡や神話,生活などを知ることができます。考古学に関係する本の紹介や,実際に遺跡に行った人の体験談や写真も見ることができます。
『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)に,中国から邪馬台国(やまたいこく)へ行く途中にある国として「伊都(いと)国」が出てきます。伊都国は,福岡県前原(まえばる)市付近と推測されており,このホームページでは,この地域の歴史や文化財を紹介しています。
横浜開港資料館のページです。ペリー来航時の絵画や,サスケハナ号などの写真を見ることができます。
関東大震災について,当時のようすを写真で知ることができます。
京都の町衆(ちょうしゅう)の祭りである祇園祭(ぎおんまつり)のようすを描いた屏風(びょうぶ)です。
常設展のコーナーでは,倭の五王や,仁徳陵古墳を中心に,多くの写真を載せて紹介しています。
戦国大名由良氏の城,金山城(かなやまじょう)を、多くの写真で紹介しています。戦国時代のお城には,天守閣(てんしゅかく)はありませんでした。なお,発掘中の貴重な写真もあります。
軍票とは、軍隊が戦費をまかなうために、戦地や占領地域で使ったお金です。日本の政府がビルマ用に「ルピー」の単位の紙幣などを発行していました。ただ、これらの軍票は日本が敗戦した後紙くず同然になり、現地の人たちに大きな経済的打撃(だげき)をあたえました。
世界文化遺産・厳島神社の由来や建築様式を紹介。
ピラミッドのなぞ、ヒエログリフの書き方、ミイラの作り方など、古代エジプトに関する「裏情報」とでもいうべきものが書かれています。
奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)の都、平泉(ひらいずみ,岩手県)の歴史やその文化遺産について、写真付きで解説してあります。
開港後の横浜を描いた絵です。外国の船が寄港し、発展しつつある横浜のようすがよくわかります。
蘇我入鹿(そがのいるか)のいとこ蘇我倉山田石川麻呂(そがのくらやまだのいしかわまろ)が建て始めた寺,山田寺を紹介するページです。遺跡のようすや,白凰(はくほう)文化の代表作の1つ山田寺仏頭(ぶっとう)などの文化財について,多くの画像とともにわかりやすく説明しています。
印刷技術、情報の伝達の仕方などの歴史を紹介しています。
大原幽学は農民の教化に力を注ぎ,道徳と経済の調和を説いた人物です。ここではその生涯と記念館の紹介がされています。「きねんかんForKIDS」では質問コーナーなどもあります。
戦国時代、小田原北条氏の城の1つであった鉢形(はちがた)城を中心に、秩父(ちちぶ)の城館を紹介するサイトです。写真や図が多く掲載(けいさい)され、城館のようすを具体的に知ることができます。
日露戦争の一連の流れを史料と照らし合わせて詳しく説明しています。
邪馬台国について知ることのできるただ1つの史料、『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)の原文とその現代語訳がのっています。
貧窮問答歌(ひんきゅうもんどうか)の原文と現代語訳がのっています。
建築年代順に,現在も残る明治の小学校の建物を紹介しています。皆さんの近くにもあるかな。
第一次世界大戦の時に捕虜(ほりょ)となったドイツ兵を収容した収容所の話です。
宇宙の誕生から現在までの歴史が年表になっています。特定の国や年代から検索して使うこともできます。
平成8年から取り組んでいた出島の復元整備で完成した施設の紹介や、出島の歴史を紹介しています。
石川県内の原始〜近世の史跡を、写真と簡単な解説で見ることができます。
東大寺(奈良県)の重要な行事である「お水取り」のための松明(たいまつ)の寄進を,750年以上続ける三重県名張(なばり)市のページです。「お水取り」や,たいまつの説明をイラストや写真,地図を使って,わかりやすく説明しています。
京都の社寺・名所、美術館・博物館・工芸館を検索(けんさく)して調べることができます。社寺・名所などの簡単な説明や、地図上の位置を知るのに便利です。
幕末の安政の大地震のようすを、江戸時代の新聞である瓦版(かわらばん)などで説明しています。
埼玉県の岩槻(いわつき)城と,この城を築いた太田道灌(おおたどうかん)を紹介するページです。
紀州(きしゅう)徳川家の菩提寺(ぼだいじ)長保寺(ちょうほうじ)。国宝に指定されている本堂など,多くの文化財が紹介されています。
富岡市立富岡小学校の学校紹介ページ。ここの地域の紹介コーナーで旧富岡製糸場の写真と説明が見られます。養蚕についても説明があります。
江戸時代初期に描かれた京都の絵図。ここから中世末期頃の京都のようすも読みとることもできます。最大のサイズで表示すると、いろいろな情報が読みとれます。今の地図と比べてみてもおもしろいですよ。
「古き良き日本」を写真で紹介しています。「露天(ろてん)の食べ物屋」「浅草(あさくさ)・仲見世(なかみせ)」「人力車」「戦時の玩具(がんぐ)店」など一昔前の日本の風景を見ることができます。
「ビタミンの父」高木兼寛(たかきかねひろ)の生涯(しょうがい)を紹介するページです。その生涯を通じて幕末から明治に至る社会のようすが伝わってきます。
蒲生氏郷(がもううじさと)の生涯や、ゆかりの地として鶴ヶ城や恵倫寺(父の菩提寺)や興徳寺(氏郷の墓)も紹介されています。
関東大震災直後の東京国立博物館の陳列(ちんれつ)室の写真です。仏像がたおれていたりして、地震のすごさがうかがえます。東京国立博物館所蔵の写真です。
富山県の歴史と伝説がまとめられています。越中万葉,立山信仰,倶利伽羅合戦,昆布ロードなどの富山県内の歴史の舞台についても知ることができます。