中学歴史リンク集

●政治

滋賀県民の戦争体験証言や祈念館収蔵の品々が写真付きで紹介。戦争の恐ろしさを身近に受けとめることができます。
長崎の原爆について、被爆(ひばく)者の声や原爆遺構の写真をたくさん紹介したページです。タイトルの通り「ノー・モア・ナガサキ」としたいですね。
広島市による原爆関係のページ。広島での原爆の状況から現在の核問題までをトータルにあつかっています。
古代の豪族(ごうぞく)、蘇我氏(そがし)について、遺跡や発掘調査の写真などもまじえて、くわしく解説してあります。大化の改新でたおされる悪者イメージもある蘇我氏ですが、このサイトでは発掘の結果、得られた真実から、蘇我氏の「実像」が説明されています。
天下分け目の関ヶ原の戦いの様子を描いた屏風の写真が集められています。アップも出来るので,描かれているものをよく見ることができます。
島津家の先祖を地頭に任命した源頼朝(みなもとのよりとも)の下文(くだしぶみ)の写真です。頼朝自身が書いたのは右下の花押(サイン)だけです。
戦国時代における鉄砲(てっぽう)の有名な産地のひとつ、国友(くにとも,滋賀県)の鉄砲鍛冶(かじ)の歴史や火縄銃(ひなわじゅう)について、やさしく解説してあります。
徳川家康の一生とその一族について見やすくまとめられたページです。徳川となる以前の松平氏についても書かれています。
戦国時代の武将の経歴などを知ることができます。人名は,あいうえお順で並んでいるので,探しやすいです。
「あたらしい憲法のはなし」は,1947年,憲法の公布後に文部省が中学1年生用の教科書として配布したものです。わかりやすい言葉で,憲法の解釈を示しています。その全文を読むことができます。
木村信夫さんによるイラスト集。やわらかいタッチのほのぼのとした感じの絵で、戦前の昭和時代の風俗を伝えてくれます。
長崎に落とされた原爆「ファットマン」の写真と解説のページです。「ファットマン」の構造が図によってわかりやすく説明されています。
二十世紀に起こったできごとに関する詳細な年表です。たとえば、みなさんの住んでいる地域ではどんな事件が起こったのか、ということを調べることもできます。
幕末〜明治維新に活躍した人々の,かなりくわしい人名辞典です。百科事典としても使えます。
上杉謙信で有名な戦国大名上杉氏についてのページです。謙信を中心にまとめられていますが,上杉氏の前身である長尾氏などの解説もあります。
玉川学園の附属学校のみなさんの調べ学習の成果をはじめ,御成敗式目の現代語訳や,吾妻鏡の世界のコーナーなど,鎌倉時代についてまとめられたページです。
民本主義を主張し,大正時代の人々の思想に大きな影響を与えた吉野作造について,わかりやすく説明がされています。
木内信夫さんが,自分が体験した「シベリアでの日本人捕虜(ほりょ)」の生活を絵にしたイラスト集です。やわらかなタッチの絵が,私たちに語りかけてきます。
京都市内を歩いていて、ここかしこに立っている石碑・記念碑を目にしたことがありませんか?そんな京都市内の石碑・記念碑を紹介するサイトです。
憲法十七条の原文と現代語訳がのっています。憲法十七条ってこんなことが書いてあったんですね。
原敬の生家に隣接された記念館のページです。原敬の人生や政治への活動がよくわかります。
御成敗式目の写真をみることができます。御成敗式目は,江戸時代には教科書としても使われました。
広島に落とされた原爆「リトルボーイ」の写真と解説があります。「リトルボーイ」の構造が図でわかりやすく説明されています。
江戸時代の諸大名家について、歴代当主の名や格式など、基本的な情報を知ることができます。皆さんの住んでいる地域にはどんな藩があったのでしょう。
鎌倉時代以来の有力守護家で、戦国大名として有名な武田氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。
龍馬(竜馬)をより知ることができる坂本龍馬記念館のページ。龍馬に関する写真や解説を見ることができます。
明治時代に渋沢栄一と伊藤博文が,江戸幕府最後の将軍,徳川慶喜(とくがわよしのぶ)について,語ったエピソードが掲載されています。
伊勢早瑞(北条早雲)に始まる戦国大名北条氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。
戦国大名朝倉氏と一乗谷(いちじょうだに,福井県)遺跡を紹介するページです。朝倉館跡や、復元された武家屋敷や町並みの写真がたくさんあります。
毛利元就とその一族について見やすくまとめられたページです。毛利氏となる以前の大江氏についても書かれています。
大塩平八郎と乱についての,いろいろな史資料が公開されています。大塩の乱を詳しく調べることができます。
踏絵(ふみえ)の写真です。よく見ると,何がかいてあるかわかります。東京国立博物館の所蔵です。
戦後の沖縄について、当時の資料などをもとに説明してあります。
明治の政治と文化に大きな影響を与えた鹿鳴館。その建物や設計者コンドルについてくわしく解説されています。
豊富な写真を使って,太宰府(だざいふ,福岡県)周辺の遺跡を案内してくれます。
坂本龍馬の生涯を,わかりやすく説明しています。
太平洋戦争の展開の過程を知ることができるページです。ものすごく大規模な戦争だったことがわかります。
戦国大名大友義鎮(宗麟)で有名で、鎌倉時代以来の有力守護家であった大友氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。
伊達政宗で有名な戦国大名伊達氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。タイトル部分をクリックするとメニューのページに行けます。
横浜開港資料館のページです。ペリー来航時の絵画や,サスケハナ号などの写真を見ることができます。
豊明市内にある,桶狭間の戦いが行われたといわれる場所の説明と写真があります。
嘉吉の乱で将軍足利義教を殺し滅亡した赤松氏が再興し,また関ヶ原の戦いで滅亡するまでの歴史がまとめられています。
常設展のコーナーでは,倭の五王や,仁徳陵古墳を中心に,多くの写真を載せて紹介しています。
戦国大名由良氏の城,金山城(かなやまじょう)を、多くの写真で紹介しています。戦国時代のお城には,天守閣(てんしゅかく)はありませんでした。なお,発掘中の貴重な写真もあります。
御成敗式目(ごせいばいしきもく)を作った北条泰時(ほうじょうやすとき)の、なぜこのようなものを作ったのかという理由を書いた手紙を現代語訳しています。ここから御成敗式目を作ったことの意味について読み取ってみよう。
自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)に関する資料を写真で紹介しています。ところで、なぜ高知市にこのような博物館があるのでしょうか。考えてみましょう。
鎌倉時代以来の有力守護家で、戦国大名としても有名だった島津氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。
本能寺の変で明智光秀(あけちみつひで)が信長にそむいた原因について、当時のルイス・フロイスから現代の研究者までの、それぞれの見方が書かれているのが参考になります。あなたはどのように考えますか?
新撰(選)組(しんせんぐみ)に関する史跡や,ゆかりの地などが紹介されています。
新撰(選)組(しんせんぐみ)に関係する人物や事件などを,史実にもとづいて説明しています。年表,写真などの紹介や質問コーナーがあります。
戦国大名北条氏について、関係する人物や城、年表などがまとめられているページです。詳しい内容が見やすくまとめられています。
大日本帝国憲法が掲載(けいさい)された官報を写真で見ることができます。
鎮護(ちんご)国家に燃える聖武(しょうむ)天皇の詔(みことのり)。原文・訳・解説があります。用語の説明もあり、わかりやすいページです。
戦国時代、小田原北条氏の城の1つであった鉢形(はちがた)城を中心に、秩父(ちちぶ)の城館を紹介するサイトです。写真や図が多く掲載(けいさい)され、城館のようすを具体的に知ることができます。
中国新聞の毛利元就(もうりもとなり)についての連載(れんさい)をまとめたものです。青年時代から毛利元就の生涯(しょうがい)が書かれています。文章中心ですが、写真も多く使われています。
御成敗式目(ごせいばいしきもく)51か条のうち、第3条・第5条・第8条・第23条の4条の原文・訳・解説をのせています。見やすく、わかりやすいページです。
幕末から昭和初期までの外交について,陸奥宗光や松岡洋右などの人物に視点をあてて説明しています。かれらの決断や苦悩,条約が結ばれるまでの過程を知ることができます。
邪馬台国について知ることのできるただ1つの史料、『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)の原文とその現代語訳がのっています。
中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が作ったとされる水時計について、くわしく解説しています。
条約改正で完全自主権の回復に成功した小村寿太郎について,年表や銅像を見ることができます。
第一次世界大戦の時に捕虜(ほりょ)となったドイツ兵を収容した収容所の話です。
宇宙の誕生から現在までの歴史が年表になっています。特定の国や年代から検索して使うこともできます。
平成8年から取り組んでいた出島の復元整備で完成した施設の紹介や、出島の歴史を紹介しています。
支那から渡った白磁や青磁の慈母観音像などを,そのままサンタ・マリアとして祀ったのが代表的なものです。
伊藤博文の生涯(しょうがい)について、年表風に整理してあります。
東北地方にあって戦国時代に活躍した葛西氏について書かれています。戦国時代の東北地方を知る上で参考になります。
埼玉県の岩槻(いわつき)城と,この城を築いた太田道灌(おおたどうかん)を紹介するページです。
平治の乱に題材をとった軍記物語『平治物語』を、テキストと古写本の写真を対照しながら読むことができます。
保元(ほうげん)の乱に題材をとった軍記物語『保元物語』を、テキストと古写本の写真を対照して読むことができます。
坂本龍馬が率いた海援隊を資料や写真で紹介しています。
山陰の雄、戦国大名尼子氏について書かれています。家系、戦国時代の様子などが詳しいです。
戊辰(ぼしん)戦争のときに用いられた暗号を紹介しています。