中学歴史リンク集

●経済

お米の歴史や地域性について,まとめてあります。「みんなの広場(質問コーナー)を読むだけでも,お米の歴史をくわしく知ることができます。
鉄や製鉄技術の歴史を,くわしく紹介しています。写真が多いので,具体的に知ることができます。
ものづくりという側面から,日本の近代化の側面をうかがい知ることができます。このページでは,分野別に産業機械の道具が検索でき,その写真と,その道具を展示している博物館の紹介も行っています。地域別でも調べられるので,近くの博物館を探し,実際に出かけてみましょう。
お米についての情報がまとめられています。図書室のコーナーのコラムにある,発見!米作りには,日本の米作りの歴史年表があります。
アイヌ民族の歴史や生活についてわかりやすく解説されています。写真も豊富です。
戦国時代における鉄砲(てっぽう)の有名な産地のひとつ、国友(くにとも,滋賀県)の鉄砲鍛冶(かじ)の歴史や火縄銃(ひなわじゅう)について、やさしく解説してあります。
水俣病についての基礎知識や,歴史的いきさつなどが説明されています。
中山道(なかせんどう、中仙道とも)についての充実したページです。中山道の歴史、宿場データ、一里塚リスト、当時のようすを再現したバーチャル中山道、3D中山道などがあります。参考文献リストも役立ちます。
今も飛鳥時代の面影(おもかげ)が残る明日香村のホームページです。観光情報だけでなく,文化や歴史についても知ることができます。
関西各地の歴史文化情報を紹介するサイト。地図、街道、年表などから探して見ることができます。京都・神戸などのほか、富田林(とんだばやし)・斑鳩(いかるが)・明日香(あすか)・大山崎(おおやまざき)・草津(くさつ)・吉野(よしの)などが紹介されており、写真も美しく、見ごたえがあります。
法政大学が所蔵するポスター2700点を,分野別にスライドショーの形で紹介しています。
世界初で初めて大量生産された自動車、T型フォードの写真と説明があります。
発掘された中世の港町「草戸千軒(くさどせんげん,広島県)」について、くわしくまとめてあります。
ASEAN(アセアン)の歴史や内容がわかりやすく書かれています。加盟国を紹介するページもあります。
二十世紀に起こったできごとに関する詳細な年表です。たとえば、みなさんの住んでいる地域ではどんな事件が起こったのか、ということを調べることもできます。
縄文時代は単に狩猟(しゅりょう)・採集の経済だけではなく農耕も行われていたのではないか、という疑問の出発点になった井戸尻(いどじり)遺跡(長野県)の発掘成果について、くわしく解説しています。
「コレクション探訪」のコーナーで,有名な印刷物や印刷機について知ることができます。
玉川学園の附属学校のみなさんの調べ学習の成果をはじめ,御成敗式目の現代語訳や,吾妻鏡の世界のコーナーなど,鎌倉時代についてまとめられたページです。
日本だけでなく世界各国の珍しい貨幣の写真が多数載っています。貨幣の説明と,日本の貨幣の歴史の記述もあります。また,東海道五十三次の版画を各地域ごとに見ることができます。
サビエル(ザビエル)の生涯や,残した言葉などを紹介しています。
昭和30年代に発生した四日市公害を追体験できるページです。写真や裁判の記録,大気汚染測定データなどの資料がそろっています。
首里城や琉球王国についての写真と解説を見ることができます。沖縄戦で消失する前の首里城の写真もあります。
首里城などから出土した遺物を、簡単な解説つきで見ることができます。
江戸時代に名古屋に創業した松坂屋。その時々の有名人との関わり合いを軸に,松坂屋の歴史を紹介しています。浮世絵の中の店舗のようすや,当時のチラシの写真などもあります。
日米修好通商条約によって開港された神戸居留地(きょりゅうち)の写真です。開港後間もないころに撮影されたと考えられています。東京国立博物館の所蔵です。
水俣病の歴史,対策などの説明があります。
水俣病について,過去の歴史から現在にいたるまでの状況が説明されています。水俣病を追体験することができます。
昭和初期の衣・食・住と農業・遊びの道具を紹介。品によっては使い方も写真入で説明してあります。
質問形式で,大名行列や参勤交代についての説明があります。OKボタンをクリックすると,大名行列の拡大写真も見ることができます。
出島の内部を撮影しためずらしい写真です。道のゆるやかな曲線から扇(おうぎ)形に作られた島のようすがうかがえます。また、町並みも西洋風です。東京国立博物館が所蔵する写真です。
伝統工芸について,なぞなぞを通して楽しく学ぶことができます。その他には,人間国宝の作品や,作品をつくる際の原料を見ることができます。
フォトギャラリーでは昭和前期の経済や日産自動車のあゆみを見ることができます。昔の自動車や工場の写真も多くあります。
日明貿易(勘合貿易)に用いられていた勘合の役割だけではなく,実際の勘合符の大きさや色,当時の日本と中国(明)の関係も知ることができます。
農村社会における制度・衣食住・生活がわかるだけではなく,諸工芸品の数々も見ることができます。
江戸時代、海運の主役として活躍(かつやく)した菱垣廻船(ひがきかいせん)を復元し、実際に航海実験をしようというサイト。菱垣廻船の構造などが説明されています。
富山県埋蔵文化財センター所蔵の出土品を写真でみることができます。市町村名・遺跡名・種類・時代で検索ができ,便利です。
体験博物館千葉県立房総(ぼうそう)のむら常設展示の説明のページ。江戸時代の房総の農村と町場の家々や風景がまとまって復元されており、当時のようすを知ることができます。
琉球(沖縄)の紅型(びんがた)・芭蕉布(ばしょうふ)、アイヌのアットゥシについて、鮮明な写真を使って解説してあります。南北に長い日本列島は、文化の上でも差異があったことがわかります。
横浜開港資料館のページです。ペリー来航時の絵画や,サスケハナ号などの写真を見ることができます。
軍票とは、軍隊が戦費をまかなうために、戦地や占領地域で使ったお金です。日本の政府がビルマ用に「ルピー」の単位の紙幣などを発行していました。ただ、これらの軍票は日本が敗戦した後紙くず同然になり、現地の人たちに大きな経済的打撃(だげき)をあたえました。
遣唐使に関する史料・資料が紹介されています。「遣唐使の苦難」の史料には渡航の危険がよく示されています。この他、有名な菅原道真(すがわらのみちざね)の遣唐使廃止建議と歴代遣唐使の一覧も掲載(けいさい)されています。
古代から人々は言葉を文字にし,板や貨幣などに表してきました。ここではそれらの写真とともに世界中で使われていた様々な古代文字について知ることができます。
開港後の横浜を描いた絵です。外国の船が寄港し、発展しつつある横浜のようすがよくわかります。
飛鳥時代に今の鳥取県に建立されたお寺(現在、上淀廃寺(かみよどはいじ)とよばれています)についてのページです。最古級の仏教壁画が発見されたことで有名なこのお寺ですが、出雲(いずも)文化圏からの出土に意義がもたれています。
印刷技術、情報の伝達の仕方などの歴史を紹介しています。
大原幽学は農民の教化に力を注ぎ,道徳と経済の調和を説いた人物です。ここではその生涯と記念館の紹介がされています。「きねんかんForKIDS」では質問コーナーなどもあります。
明治初期は、たくさんの銀行がお札を発行することができました。これはその中の一枚です。
大工道具の歴史年表や,大工道具の説明などを具体的に知ることができます。
鉄道の歴史が年表風に整理されており、わかりやすいです。
貨幣の歴史を紹介しています。
宇宙の誕生から現在までの歴史が年表になっています。特定の国や年代から検索して使うこともできます。
和同開珎には銀銭と銅銭があり、銀銭が先に作られました。このページには和同開珎の銀銭の写真と説明があります。
平成8年から取り組んでいた出島の復元整備で完成した施設の紹介や、出島の歴史を紹介しています。
紀州(きしゅう)徳川家の菩提寺(ぼだいじ)長保寺(ちょうほうじ)。国宝に指定されている本堂など,多くの文化財が紹介されています。
富岡市立富岡小学校の学校紹介ページ。ここの地域の紹介コーナーで旧富岡製糸場の写真と説明が見られます。養蚕についても説明があります。
松下電器の創業期を支えた,大正・昭和初期の製品(ラジオ・電気アイロン)などが見られます。
蒲生氏郷(がもううじさと)の生涯や、ゆかりの地として鶴ヶ城や恵倫寺(父の菩提寺)や興徳寺(氏郷の墓)も紹介されています。
戦国期から近代初頭まで銀を採掘していた石見(いわみ)銀山(島根県)に関するページです。
鉄道に関するさまざまな資料の写真と詳しい解説を見ることができます。
中国の唐時代に作られた焼き物の写真です。この時代の焼き物は、技術的にもすぐれたものとして有名です。
広重風の絵で東海道の旅の様子を描いた松永宝蔵さんの絵を紹介。弥次さんと喜多さんの道中に見立てた楽しいページです。
明治時代に始まった官営製鉄所時代から,現在の新日本製鉄(株)の発足に至るまでの歴史を,年表を見ながら分かりやすく紹介しています。
利根川(とねがわ)水運で活躍した高瀬舟(たかせぶね)の模型の写真と説明があります。関東北部・東北地方と江戸を結ぶ流通において、利根川の高瀬舟が主力でした。