中学歴史リンク集

●人物

和歌のサイト。特に「訓読万葉集」(くんどくまんようしゅう)は万葉集を読みやすく読み下してくれています。このほか、和歌ゆかりの地を解説した「歌枕(うたまくら)紀行」、歌人から和歌を調べるのに便利な「千人万首」、などのページがあります。
古代の豪族(ごうぞく)、蘇我氏(そがし)について、遺跡や発掘調査の写真などもまじえて、くわしく解説してあります。大化の改新でたおされる悪者イメージもある蘇我氏ですが、このサイトでは発掘の結果、得られた真実から、蘇我氏の「実像」が説明されています。
女性の地位向上や男女平等を目ざした市川房江の人生や,活動で使われたビラなどを見ることができます。
戦国時代の合戦から生活,文化までと,情報が豊富です。武将大全では,多くの武将を検索でき,戦国折り紙などを楽しむことのできるコーナーもあります。
飛鳥時代についてまとめた年表です。時代の流れをつかむのに便利なほか、人名や寺社名、宮名にリンクがはってあるので、目次のように使うことができます
八丁堀の歴史やゆかりの人物を紹介しています。時代劇もわかりやすく見られるようになるかも!?
伊能忠敬の記念館を紹介したページですが,伊能忠敬の生涯などもまとめられています。
幕末〜明治維新に活躍した人々の,かなりくわしい人名辞典です。百科事典としても使えます。
江戸時代中期の儒学者の雨森芳洲と朝鮮通信使について解説しています。
葛飾北斎(かつしかほくさい)の代表作を鮮明な写真で見ることができます。
玉川学園の附属学校のみなさんの調べ学習の成果をはじめ,御成敗式目の現代語訳や,吾妻鏡の世界のコーナーなど,鎌倉時代についてまとめられたページです。
民本主義を主張し,大正時代の人々の思想に大きな影響を与えた吉野作造について,わかりやすく説明がされています。
原敬の生家に隣接された記念館のページです。原敬の人生や政治への活動がよくわかります。
龍馬(竜馬)をより知ることができる坂本龍馬記念館のページ。龍馬に関する写真や解説を見ることができます。
明治時代に渋沢栄一と伊藤博文が,江戸幕府最後の将軍,徳川慶喜(とくがわよしのぶ)について,語ったエピソードが掲載されています。
サビエル(ザビエル)の生涯や,残した言葉などを紹介しています。
江戸時代に名古屋に創業した松坂屋。その時々の有名人との関わり合いを軸に,松坂屋の歴史を紹介しています。浮世絵の中の店舗のようすや,当時のチラシの写真などもあります。
自由民権運動のとき,オッペケペー節で有名になった川上音二郎の人生について,出身地の博多(福岡市)にゆかりの人々が対談した内容が収録されています。音二郎がその後,日清戦争を舞台にした芝居で大当たりをした話や,欧米巡業した話などが紹介されています。
俵屋宗達の代表作である「風神雷神図屏風」を部分拡大で見ることができます。
奇兵隊を結成した高杉晋作の年表や,関連する史跡などが紹介されています。
幕末〜明治の人物の写真がいろいろと見られます。なかには福沢諭吉(ふくざわゆきち)など後に有名になる人の若いころの写真もあります。また、当時の日本の風俗を知ることのできる写真もあります。
ペリーを初めとするアメリカ使節の接待所兼幕府との交渉場所にもなった了仙寺。黒船にまつわる所蔵の品々や,ジャスミン寺としても有名な了仙寺のようすがわかります。
明治政府が,先進国の学芸・技術制度を取り入れるために招いた,お雇い外国人の胸像の写真とその功績が紹介されています。
坂本龍馬の生涯を,わかりやすく説明しています。
明治時代のお雇い外国人のひとり,大森貝塚の発見・発掘を行ったモースについて。彼がかいたスケッチや,最初の学術書の表紙などを見ることができます。
アメリカのサイト。すべて英語ですが,ペリーが日本に来たときの,さし絵入りの当時の英文記事を読むことができます。レッツチャレンジ!
大名行列の全部を見ることができます。絵の人物の役割の説明があるので,どのような順番で行列をつくっていたかがわかります。
江戸時代の日本の国防について論じた本。林子平(はやししへい)著。この本はその後、幕府の政策を批判したものとして弾圧され、版木は没収(ぼっしゅう)、子平自身も蟄居(ちっきょ=自宅での謹慎)を命じられ、失意のうちに亡くなりました。
江戸時代後期の探検・測量(そくりょう)家、間宮林蔵(まみやりんぞう)とその時代をわかりやすく説明したページ。なお、小・中学生向けにインターネット利用の注意がまとめられたページもあり、こちらも便利です。
岡山県(吉備)に関する歴史や人物を紹介したサイト。時代別の説明や、吉備の国の見所写真などが豊富です。
奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)の都、平泉(ひらいずみ,岩手県)の歴史やその文化遺産について、写真付きで解説してあります。
自由民権運動(じゆうみんけんうんどう)に関する資料を写真で紹介しています。ところで、なぜ高知市にこのような博物館があるのでしょうか。考えてみましょう。
新撰(選)組(しんせんぐみ)に関する史跡や,ゆかりの地などが紹介されています。
新撰(選)組(しんせんぐみ)に関係する人物や事件などを,史実にもとづいて説明しています。年表,写真などの紹介や質問コーナーがあります。
敬天愛人(天を敬い人を愛すること)という言葉を大切にした西郷隆盛。その隆盛の生涯や考えなどがよくわかるページです。鹿児島県の紹介もあります。
戦国大名北条氏について、関係する人物や城、年表などがまとめられているページです。詳しい内容が見やすくまとめられています。
大原幽学は農民の教化に力を注ぎ,道徳と経済の調和を説いた人物です。ここではその生涯と記念館の紹介がされています。「きねんかんForKIDS」では質問コーナーなどもあります。
中国諸王朝に関するデータが充実したページです。中国史人物小伝、中国史略年表など多くのコーナーがありますが、特に中国史人物小伝は50音順・時代別に検索(けんさく)できるので人物について調べるのに便利です。
中国新聞の毛利元就(もうりもとなり)についての連載(れんさい)をまとめたものです。青年時代から毛利元就の生涯(しょうがい)が書かれています。文章中心ですが、写真も多く使われています。
幕末から昭和初期までの外交について,陸奥宗光や松岡洋右などの人物に視点をあてて説明しています。かれらの決断や苦悩,条約が結ばれるまでの過程を知ることができます。
邪馬台国について知ることのできるただ1つの史料、『魏志』倭人伝(ぎしわじんでん)の原文とその現代語訳がのっています。
中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が作ったとされる水時計について、くわしく解説しています。
樋口一葉(ひぐちいちよう)の小説すべてを、テキストかPDFファイルで読むことができます。『たけくらべ』など、名前は知っていてもなかなか読んだことないですよね。
法然上人絵伝(ほうねんしょうにんえでん)をもとに、絵巻物の読み取り方をわかりやすく解説してあります。
条約改正で完全自主権の回復に成功した小村寿太郎について,年表や銅像を見ることができます。
伊藤博文の生涯(しょうがい)について、年表風に整理してあります。
伊能忠敬(いのうただたか)の「大日本沿海輿地全図」(だいにほんえんかいよちぜんず、伊能図)のうち,中図を忠実に模写したものです。この写真は各図を並べてあるので、全体のようすがよくわかります。
埼玉県の岩槻(いわつき)城と,この城を築いた太田道灌(おおたどうかん)を紹介するページです。
明治時代の文学者である幸田露伴(こうだろはん)の写真です。
「ビタミンの父」高木兼寛(たかきかねひろ)の生涯(しょうがい)を紹介するページです。その生涯を通じて幕末から明治に至る社会のようすが伝わってきます。
坂本龍馬が率いた海援隊を資料や写真で紹介しています。
蒲生氏郷(がもううじさと)の生涯や、ゆかりの地として鶴ヶ城や恵倫寺(父の菩提寺)や興徳寺(氏郷の墓)も紹介されています。
藤原鎌足をまつる神社。藤原氏に関係する名字の一覧を載せています。あなたも鎌足の子孫かも。
若き日の福沢諭吉(ふくざわゆきち)の写真。幕末の遣欧使節団(けんおうしせつだん)「開市開港延期交渉使節団」のメンバーとして渡欧(とおう)した際、パリで記念撮影したときのものです。
夏目漱石(なつめそうせき)の姿を漫画チックに描いてあります。岡本一平(岡本太郎の父)画。