「生物図表プラス」カテゴリーアーカイブ

タンパク質分解とノーベル賞

タンパク質分解にかかわるノーベル賞

2004年ノーベル化学賞

ユビキチン・プロテアソーム系によるタンパク質分解を発見した。

チカノヴァー(イスラエル),ハーシュコ(イスラエル),ローズ(アメリカ)

2016年ノーベル生理学・医学賞

自食作用(オートファジー)のしくみを解明した。

大隅良典(日本)

続きを読む タンパク質分解とノーベル賞

がんと生物学

がんとは

現在,がんは日本人の死因のトップで,およそ3人に1人が がん で死亡している。がん細胞は,自分自身の細胞が変化したもので,次のような特徴をもつ。

  1. 無秩序に増殖する。
  2. 周囲にしんじゅんする。
  3. 他の組織に転移する。

続きを読む がんと生物学

山中伸弥教授,2012年ノーベル生理学・医学賞受賞

2012年ノーベル生理学・医学賞は,イギリスのJ.B.ガードンと日本の山中伸弥が受賞した。受賞理由は「成熟した細胞を,多能性(pluripotent)を持つ細胞に初期化(reprogram)できることの発見」であった。

続きを読む 山中伸弥教授,2012年ノーベル生理学・医学賞受賞

DNAは染色体の中で適当に折りたたまれている

染色体の中に折りたたまれて収納されている。その折りたたまれ方について,これまでの定説を覆す研究成果が発表された。DNAは規則正しく折りたたまれていると思われていたが,実は,いい加減なまとまり方をしているという。

続きを読む DNAは染色体の中で適当に折りたたまれている