「読書案内」カテゴリーアーカイブ

がんというミステリー

978416660447X

宮田親平著
文藝春秋(文春新書)

2005年発行

がんは多くのなぞをもつ病気だった。なぜ増殖を続けるのか,なぜ浸潤し転移するのか。100年以上のがん解明の歴史を,さまざまなエピソードとともに紹介する。

がんの研究には,細胞周期,遺伝子の働き,免疫のしくみなどが深くかかわる。これらのなぞ解きをミステリーに仕立てた。

アメリカ版大学生物学教科書第1巻細胞生物学

9784062576727D・サダヴァ他著
講談社(ブルーバックス)
2010年発行

アメリカの大学で使われている教科書の一部(細胞の構造と働き,代謝)を日本語に訳したもの。高校生には高度な内容が多く含まれるが,豊富な図解と詳しい解説があり,深く理解したい人に適している。

 

細胞紳士録

9784004308805藤田恒夫/牛木辰男著
岩波書店(岩波新書)
2004年発行

さまざまな機能をもつ細胞があり,その形態もいろいろである。その特徴をしっかりと写し出す。区別のための着色も,淡い色合いでもとの画像が生きている。

それぞれの細胞についての解説も詳しい。その細胞の発見者についての話題もある。著者らが描いたというイラストも楽しめる。