「生物通信」カテゴリーアーカイブ

蜘蛛の糸

「ある日の事でございます。御釈迦様は極楽の蓮池のふちを,独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。」で始まる芥川龍之介の『蜘蛛の糸』。この話では,御釈迦様が地獄へとたらしたクモの糸をのぼる男が出てきます。 続きを読む 蜘蛛の糸